水玉の模様

シューズ・ウェア

今流行りの厚底をはいてみました【レビュー】

女性

2020年の東京オリンピックに厚底シューズを容認するかどうか、一時期大きな話題になりましたね。

また箱根駅伝では、大勢のランナーがド派手なピンクのナイキのヴェイパーフライを履いているという衝撃の映像も目にしました。

実は私もそんな話題に乗せられて厚底デビューしたんですが、なかなかの履き心地でしたので、私なりにレビューしてみたいと思います。

Sponsored Link

厚底って何?

男性

昔、安室ちゃんが厚底ブーツを履いて一世を風靡しましたよね。

懐かしい。。

私は安室ちゃん世代ですので、厚底と聞けば安室ちゃんです。

なのでニュースで【厚底シューズ】と聞いたときは、「厚底ってww」と突っ込みたくなった一人です。

しかしよくよく注目してみると、すごいシューズのようでした。

Sponsored Link

厚底シューズのメリット

男性

ではなぜ皆さんそろってナイキの厚底シューズを履くのでしょうか。

ニュースやサイトで調べてみると、どうやら以下のようなメリットがあるようです。

・スピードが出る

・一歩が大きくなる

・衝撃が吸収され、足への負担が減る

・疲れにくい

これはすごそうですね。

試しに履いてみたくなります。

厚底シューズのデメリット

男性

ナイキの厚底シューズが何だかすごいということは分かりました。

一方デメリットも気になるところですよね。

色々と調べてみると、、

・勝手にスピードが出てしまう

・勝手に一歩が大きくなってしまう

・使いこなすにはそれなりの走力が必要

・足に合っていないとケガをする

すごい。。

デメリットだけを見てもすごいです。

ドクター中松のジャンピングシューズ並みですね。

もう試さないわけにはいけません。

私も厚底をはいてみました

厚底シューズ

ちなみに私が購入したのは、初心者向けの【ナイキ ズーム ライバル フライ】です。

お財布にも優しいですよ。

ネットで確か5000円ちょっとだったと思います。

ただし、ナイキのヴェイパーフライのようなカーボンプレート(高い反発を生み出すプレート)は入っていませんが、私の足には優しく感じました。

以前は20年ほど前に購入した底が薄いナイキのランニングシューズを履いていました。

20年の間にこんなに快適なシューズに変わっていたんですね。。

【ナイキ ズーム ライバル フライ】に変えて3か月ほどですが、

率直な感想を言うと、

・軽い

・薄型に比べて弾む

・疲れない

ちょっと感動しました。

そしてハーフマラソンに向けて長距離を走り始めた頃でしたから、以前のシューズとの違いは明確に感じました。

これは試してみる価値ありです。

疲れにくいというのは何より大きかったですね。

足が疲れてくると、もう走りたくなくなります。

しかしこの厚底シューズは、弾むように私を前に連れて行ってくれる感じでした。

この厚底シューズを履くことも、楽しみの一つになりましたよ。

いかがでしたか?

もし皆さんがこれからどんなランニングシューズを買おうか迷っているのであれば、ぜひナイキのズーム ライバル フライを選択肢の一つに入れることをおススメいたします。

Sponsored Link

-シューズ・ウェア

Copyright© 初心者ランニングのススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.